北陸支部 女性医師の会

委員長の挨拶

高原 照美
(富山大学 消化器がん診断・治療学推進講座)

 日本消化器病学会北陸支部「女性医師の会」の委員長をしています富山大学の高原です。
 北陸支部では、2016年11月に「より多くの女性医師が消化器病領域に積極的に参加し、能力を最大限に発揮し活躍できるように、支部女性会員の親睦と情報交換をはかる」ことを目的に、「女性医師の会」が設立されました。現在8名で運営されています。
 医学部生の3分の1が女性となって久しいですが、女性消化器医師はまだまだ少なく、そのキャリア形成においては結婚、出産や育児などによる休職・復職などさまざまな課題と直面します。北陸支部は、女性会員の占める割合(9.5%)が全国平均(14.7%)と比較しても低く、40歳代以上になると著しく会員の減少がみられます。さらに女性評議員は現在わずか2名に過ぎず、その比率は全国最下位です。その根底には、家庭環境、職場環境などの個々の問題はもちろん、地域全体で解決すべき問題があるのかもしれません。
 「女性医師の会」では、女性会員の意見を支部例会でとりあげていただけるよう女性会員、評議員の数を増やす働きかけをおこなうとともに、女性会員のキャリア形成を支援するための活動を行っていきたいと考えています。女性医師にとって働きやすい環境を作ることは、ひいては医師不足、過重労働の問題も含め、男女ともにキャリア形成にとって重要であると考えます。男女問わず支部会員の皆様のご意見・ご協力をいただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

委員の紹介

麻生 慶子 (福井総合病院 外科)

 福井総合病院外科の麻生です。2003年福井医科大学卒業、第1外科入局、結婚、出産を経て、現在も消化器外科医として勤務しています。何度も心折れそうになりながらも、家族、周りの先生方、スタッフの皆様、患者様の温かい言葉に助けられ、この女性医師の会でもアドバイスを頂きながら、続けることができました。消化器に携わる女性医師が一人でも多くいきいきと仕事を続けていけるよう、少しでもお役に立てれば幸いです。

植田 優子 (富山大学 第三内科)

 ワークライフバランスに悩んでいる先生は多いと思います。実際、私も仕事や家庭のことで常に悩んで、揺れ動いている毎日です。しかし、これまでの活動を通じて、モチベーションを保ちながら、仕事を継続することの大切さを実感しています。
 参加してよかった、明日からも頑張ろうと思えるような企画を考えていきたいと思います。他大学の先生と交流できる良い機会です。是非、気軽にご参加下さい。

北村 和哉 (金沢大学附属病院 消化器内科)

 金沢大学の北村と申します。男性医師の立場から、女性や若手医師のキャリア支援に貢献できたらと思います。よろしくお願いいたします。

齊藤 奈津子 (斉藤外科小児科クリニック 内科)

 金沢大学附属病院消化器内科の医局を経て、現在は富山県で開業医をしております。消化器内科は、患者数が多く、また内視鏡を始めとする検査・治療手技もあり、とてもやりがいがあります。一方、臨床現場に多くの時間を要し、体力も必要です。女性医師が生涯現役でやっていくには、出産や子育て等、色々な課題もあるかと思います。これまでの自身の経験から、少しでも女性医師の方々のお力になることが出来たら幸いです。

田中 知子 (福井大学 内科学(2)分野)

 福井大学 内科学(2)分野の田中知子と申します。
 日本消化器病学会北陸支部の「女性医師の会」設立時より委員として携わらせていただいております。若手医師、とりわけより多くの女性医師に消化器病領域を選択していただき、キャリア支援のお力となれますよう活動しております。性別を越え、互いを尊重する社会に貢献できますよう精進してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

土島 睦 (金沢医科大学 肝胆膵内科学)

 今は親の介護、孫の世話の世代となり、どうにかワーク・ライフ・バランスを維持しながら仕事を続けています。大学では女性医師の会の会長、石川県医師会では女子医師支援センターのメンターとして女性医師のキャリアアップへのサポートを行っています。また、女性医師支援には男女共同参画の意識が重要と考え、大学の学生と職員を対象にセミナーを毎年開催しています。女性医師がどんどん活躍できるよう、微力ながら応援します。

堀井 里和 (金沢大学付属病院 消化器内科)

 日本消化器病学会北陸支部女性医師の会の委員に当初より加えて頂きました。
 医師がキャリアを重ねるうえで、男女・年齢に関わりなく様々な問題に直面することがあると思います。この会を通して、男女・年齢に関係なく会員の皆様と交流出来たらうれしく思っております。

過去の活動内容報告

6月6日(日)第131回支部例会にて「特別企画/キャリアアップセミナー」を開催しました。
特別講師として東京大学医学部附属病院消化器内科のM田毅先生をお迎えし、「非統計家による臨床統計のすすめ−誘いから新しい疫学アプローチまで−」をテーマにご講演いただきました。

11月1日(日)第130回支部例会にて「特別企画/キャリアアップセミナー」を開催しました。
特別講師として埼玉県立小児医療センター腎臓科の藤永周一郎先生をお迎えし、「英文の症例報告、Letterの書き方」をテーマにご講演いただきました。

支部女性医師の会委員会委員が2名増員となりました。
第6回委員会を開催しました。
第5回委員会、第2回支部女性医師・研修医交流会を開催しました。
第4回委員会を開催しました
第3回委員会、第1回支部女性医師・研修医交流会を開催しました。

第125回支部例会より託児室を設置することになりました。

第1回委員会を開催しました。

その他